• 富士市工場夜景
  • 富士市工場夜景
  • 富士市工場夜景

富士市の工場夜景

静岡県・富士市

静岡県東部に位置し、北に富士山、南に駿河湾を望み、自然と産業が共存するまちです。富士山からの豊富な恵みを受け、紙のまちとして発展してきました。水源近くに工場が点在するため、自然を背景にした工場夜景を楽しむことができ、特に富士山とのコラボレーション工場夜景は必見です!!

工場夜景スポット

1

ふじのくに田子の浦みなと公園
ふじのくに田子の浦みなと公園

世界文化遺産の富士山をバックに、工場と暮らしの灯りがコラボした夜景が一望できます。冬場は富士山の見える日が多いためおすすめです。

アクセス:東名高速道路富士IC、新東名高速道路新富士ICから車で15分。

2

ポリプラスチックス㈱富士工場
ポリプラスチックス㈱富士工場

富士で一番きらびやかな工場です。放水路の水面に映る灯りもきれいで、堤防側の道路からも撮影ができます。工場の東側にある入道樋門公園には駐車場もあります。

アクセス:東名高速道路富士IC、新東名高速道路新富士ICから車で20分。

3

岳南原田駅
岳南原田駅

岳南電車原田駅からは日本製紙㈱富士工場を見渡せます。毎月2日間、夜景電車を運航しており電車に乗りながら工場夜景をお楽しみいただけます。

アクセス:JR吉原駅下車、岳南電車乗り換え10分。

4

興亜工業㈱
興亜工業㈱

岳南電車比奈駅から徒歩でアクセスでき、アングルが組まれた白と青の煙突が最大の魅力です。近隣にも複数の撮影ポイントがあります。

アクセス:岳南電車比奈駅から徒歩すぐ。

5

大興製紙㈱
大興製紙㈱

JR富士駅からすぐ、東海道線の南側から電車の灯りとともに撮影ができます。工場東側にある蓼原大橋からも違った角度での撮影が可能です。

アクセス:JR富士駅から徒歩すぐ。

6

春日製紙㈱
春日製紙㈱

岳南電車原田駅からアクセスできます。川沿いからは白い灯りが撮影でき、根方街道からは短い煙突が撮影可能です。

アクセス:岳南電車原田駅から徒歩すぐ。

おすすめ工場夜景ツアー

夜景電車

夜景電車

通常運行する車両のうち1両を消灯し、夜景観光士資格を持つ乗務員のガイドを聞きながら、車窓からの工場夜景をお楽しみいただけます。毎月2回、土曜日に運行します。詳細はこちらから

  • 出発場所: 岳南電車吉原駅(JR東海道線吉原駅と接続)
  • 所要時間: 約1時間(起点~終点の往復)
  • 料金: 大人1,000円 子供500円
  • 主催会社: 岳南電車株式会社
  • 予約・お問い合わせ: 岳南電車株式会社
    0545-53-5111(平日)、0545-33-0510(土休日)(どちらも9時~17時)

ナイトビュープレミアムトレイン

ナイトビュープレミアムトレイン

全車両を完全消灯して運行する特別ダイヤの貸切電車。夜景ビュースポットでの徐行や停車、特定駅での下車など、特別電車だからこそできる、ワンランク上の夜景電車です(不定期開催)。富士市特産「田子の浦しらす」を使った大人気の駅弁を始め、様々な特典付きです。詳細はこちらから

  • 出発場所: 岳南電車吉原駅(JR東海道線吉原駅と接続)
  • 所要時間: 約2時間
  • 料金: 大人3,500円 子供1,800円
  • 主催会社: 岳南電車株式会社
  • 予約・お問い合わせ: 岳南電車株式会社
    0545-53-5111(平日)、0545-33-0510(土休日)(どちらも9時~17時)

工場夜景フォトギャラリー

富士市工場夜景写真
富士市工場夜景写真
富士市工場夜景写真
富士市工場夜景写真
富士市工場夜景写真
富士市工場夜景写真
あなたの写真・体験談を投稿

※Google アカウントのログインが必要となります。
※あなたの写真・体験談をメールで投稿

富士市について

富士市の工場夜景について

富士山のふもとに位置する富士市は、江戸時代中期から流通した「駿河半紙」にはじまり、製紙業を中心に発展してきました。なかでも、トイレットペーパーの生産は全国生産の約3分の1を占めており、紙のまちとして知られています。その背景には富士山からの豊富な湧水があり、この湧水源付近に工場が点在しているのも大きな特徴です。そのため、四季折々の自然と工場夜景のコラボレーションを楽しめます。内陸では、360度様々な角度から工場夜景を見ることができ、飽きることなくお楽しみいただけます。

「全国工場夜景都市」への加盟

富士市における工場夜景に関する取り組みは、以前は民間主導で進められてきました。そんな中、大規模工場の夜景を見て楽しむ「工場萌え」がブームとなり、工場夜景ファンが増えました。富士市は、トイレットペーパーをはじめとした「紙のまち」として全国的に知られています。工業のまちとして発展を遂げてきた富士市においても、工場夜景をひとつの観光資源や産業観光になりうる原石と捉え、平成27年度に正式に工場夜景都市の仲間入りを果たしました。

富士市へのアクセス

新幹線でお越しになる場合 東海道新幹線「東京駅」から、こだまで約1時間・「名古屋駅」から、こだまで約1時間30分

車でお越しになる場合 東名高速道路富士IC、新東名高速道路新富士IC下車

お問い合わせ先